2011年6月12日日曜日

500mm!!

ct_scan | 2:21 | 0 件のコメント

ケンコーミラーレンズ500mmF6.3DX を買ってしまった。
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/eq-digital/conversion/mirror_lens/02_500mmf63_dx.html
レンズ+Tマウント→EFマウントがヨドバシにて25,000円なり。


なんといっても、500mmの超望遠。
しかも、私が使ってるカメラはセンサーが小さいので、35mm換算だと1.5倍の750mmの超!望遠になるのです。


ただこのレンズ、ミラーレンズという反射望遠鏡と同じ仕組みのためAFがききませんwww
そして、絞りもF6.3固定。露出はシャッタ速度とISO感度で調整。
晴れの空とかだと、減光フィルターも必要かもしれません。
まぁ、絞り優先にすればシャッタースピードが自動で調整されるので、完全なマニュアルじゃないだけましということにしましたw


そんな使い勝手悪そうな能書きよりも、ものは試し。とにかく撮ってみました。
ネットのレビューだと、手持ちは無理、手持ちでも十分いける、との声が有りましたが、私は手持ちで頑張りました。




はい。ばっちりピントが合ってませんww
でも、少し離れてもこの大きさで猫が撮れるのはやっぱりすごいです。
ちなみに、言い訳すると曇りだったので、暗くてピントが会わせずらかったのです。。いい訳ですね。
気を取り直して次。


花です。名前は知りません。その辺に咲いてました。
道ばたから適当に撮りました。
大きく映りますねぇ。
(暗いんで、シャッタースピードが遅くてぶれますが。しかも、ピント、、、


適当にアンテナ。ようやくピントがまともに。
でかく映ります。さすが超望遠。


空を撮りました。曇りなのでもちろん雲です。
明るいところだと、シャッタースピードが限界で真っ白が撮れてしまい、微妙な暗さのところを撮るのに苦労しました。
絞りが有るってすごいな!っと今更実感ww

そして次の日。晴れ。


そう。これ。この画角。ボケ具合。
まぁ、500mmならどのレンズでもそうなんでしょうが。
コレがこの価格!うまく使えば脅威のコスパ。

近所の川。橋から撮って、木があるのは数十メートル先。
岸っぽいのが有るところは2,3百メートル先だと思います。

 見よ!この電柱。すごい圧縮効果です。
肉眼で見てこんなに電柱が有ったら、そんな町住みたくないですねw

鳥。左目で見ながら、右目でファインダー覗けば難なくフレームに入れられます。
問題はフォーカスがマニュアルなこと。
多少遠ければ、合わせる時間があります。
が、近いとフレームに入れ続ける動作が大きく大変なことに加え、フォーカスも激しく変わります。つらいです。

電線の鳥。晴れで止まってくれてれば、普通に撮れます。


とりあえず試し取りはこんな感じ。
要するに、練習(主にマニュアルフォーカス)をすればかなり使えるレンズだと思います。
750mm(500mm)で手持ちできるレンズです。
コスパ最強!!(の裏には人力でなんとかする部分多し

ところで、今回の写真にはミラーレンズの特徴の一つ、リングボケが辛うじて川に見える程度でほとんど出ませんでした。ミラーレンズの味らしいので、うまく使えるようになりたいものです。


P.S. そろそろレンズも増えて来たし、防湿庫が欲しい今日この頃です。
(ってか、ほとんど単焦点ってどゆことwww)







Email Newsletter

Like what you read here in this blog post?
Get more like it delivered to your inbox daily.



0 件のコメント:

Designed by Prayag Verma